2007年12月アーカイブ

Merry Christmas !!  我が家では,冬至の翌日を習慣的に Christmas Day としています☆ 夏至から冬至までの期間は徐々に日照時間が短くなっていき,冬至を以って日照時間が最短になります. 陰陽道よろしく昼(太陽)を陽として夜を陰と考えるならば,陰極まった冬至を通過してその翌日からは徐々に時節が陽に傾いてゆく・・・ こりゃあおめでたい!(^-^) という想いに因んだものです(^o^)

一般的には,クリスマス・イヴが12月24日でクリスマスが25日,また,それにちなんで英国などでは26日をBoxing Dayとして年中行事としている国や地域もあります. また,クリスマスが12月25日に固定されている祝日であるのに対してイースターなどは移動祝日(週と曜日などで決定される)であることを私の浅はかな知識で考慮すると,クリスマスは自分なりには冬至の翌日としておいても差し障りがないのではないかと思っている次第です☆ そして,自分にとってのクリスマスをこの日にしますと,蛇足ではありますけれど,他のところで催される24日のクリスマス・イヴや25日のクリスマスのパーティーにも参加できるようになる・・・ ということもあります(^-^)

そのようなわけで,今年は12月23日,すなわち本日に Christmas Day をお祝いいたしましたo(^-^)o 今日からはまた夏至に向かって日照時間が増えるというような何気にウキウキする新しい時節の始まりを心に刻んで,そして,またそれを一つの区切りとして楽しく誠実に人生を歩んでいきたいなぁ・・・☆ などと考えている次第です(^o^)

私にとってのクリスマスがそうですが,このように真摯に物事を考える区切りや節目というものが折りに触れてありますと,自分自身の修正箇所や間違いなどを顧みる良い機会となり,或いは目標や希望などを建設的に検討できる一つのポイントにもなりますので,お祝い自体も楽しく出来うる限り盛大に(^^)やっていきたいと思っています☆

下にアップロードした写真は今年のクリスマスケーキと,実は2006年1月に撮影した富士山の写真です. クリスマスケーキは毎年気が向いたお店で購入しているのですが,今年はレモンドロップさんのものにいたしました. ちなみにレモンドロップさんのケーキは現在の地域に居住させて頂いたここ17年の間で3度目の購入になります^^ 尚,もう一枚の富士山の写真ですが,来るべき新しい時代に向けてなにか良い写真を・・・ と思い立ち,自分なりの区切りに相応しい昨年に仕事場で撮影した写真の一枚をアップロードしました.

このブログをしたためている私の横には今年のクリスマスツリーが柔らかなライトの点滅を受けて静かに綺麗に佇んでいます!(^-^)

 

blog121.jpg blog122.jpg

季節が駆け足で冬至に向かって進んでいるのがよく感じられる今日この頃ですが,黄昏時の時刻を指し示す時計の針も感覚だけでいうと随分と時計盤の手前のところを刻んでいるような気がします. 月が変わって師走に入ったことで,周囲の景観も辺りの印象も前月までとは打って変わって活気がでてきたような印象を覚えるのですが,そんなところが私が12月を好きなところでもあります.

12月はイベントが目白押しです. 冬至にクリスマス,大晦日に来るべきお正月. 仕事では外資系の企業の多くが決算を迎えるのも12月の末です. 国内の企業では3月末を決算とする会社の方が多いのでしょうけれど,恐らくはどんな企業であっても支払い等の手続きで12月末の第3四半期は多かれ少なかれ期をまたぐことを気にするものだとおもっています. そして,12月という月はそのようなことが複合的に重なり合って1年の区切りを,或いは精算を,或いはけじめを,きちんとつけたくなる時節となり,結果として人々の行動がある意味で引き締まったものになるのでしょう.

かく言う私の12月の楽しみはなんといってもやっぱり ☆クリスマス☆ です. 幼かった頃からなぜかクリスマスの飾り付けだけはあまり手を抜いたことはないような気がします (笑) また,学生の頃は今年こそはっ!素敵な女の子とっ!!と「毎年予約した」大きなクリスマスケーキをアパートに持って帰るのがイベントのひとつでした. しかし,かたわらに天使が訪れることはなく(泣) その大きなクリスマスケーキを一人で寂しく悶々と食べていたことはあまり知られてはいません. 尚,その頃は12月の24日からの数日間は決まって 「真っ白いデコレーションケーキがとりあえずの夕飯代わり」 になっていたのでした (うぷっ) 

そのようなわけで,私にとってのクリスマスは大きくなってからのクリスマスよりも小さかった頃のクリスマスの方が良い印象があるような気がします (汗;) ですので,私にはアダルトな高級ホテルでのクリスマスより,素朴な村の小さな家でのクリスマスの方が心に平安が訪れるような気がするのです (^^; そんなことから,昔テレビの中で見た世界名作劇場(名劇)におけるクリスマスのワンシーンというものはとても心地良く胸の中にスッと入ってくるような印象を覚えるのですが・・・☆

実はそんな私に素敵なプレゼントがありました (^O^) それは,今ポータルサイトの Yahoo! において 「世界名作劇場」クリスマスセレクション という動画を配信していて,この二日間の休日は大好きな フレッシュネスバーガー の クラシックWWバーガー を食べつつ(喜) そんなクリスマスのシーンを密かに堪能する機会ができました!(^o^) そして,師走の活気が始まったばかりのこの折りにこのような配信を楽しく鑑賞することができたことは何気に私の喜びのひとつとなりました o(^o^)o

尚,これらの作品の中で私が最も気に入ったものは  アルプス物語 わたしのアンネット 第11話 ですが,人それぞれに育った環境や受けた影響などにもよって好みがあるかとおもいますが,ご興味がある方は期間限定のようではありますけれど,一度ご覧になってみてはいかがでしょうか. 日々の生活や仕事のなかに見え隠れする持って回った考え方や,諸問題における複雑怪奇な考え方に対してシンプルで良い思考をするための一助になるかもしれません. 幾つになっても・・・ 忘れてはいけない人としての思考回路がそこにはあるようにおもえてなりません (^O^)

 

blog111.jpg blog112.jpg

このアーカイブについて

このページには、2007年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年11月です。

次のアーカイブは2008年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

OpenID対応しています OpenIDについて
Creative Commons License クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。

このアーカイブについて

このページには、2007年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年11月です。

次のアーカイブは2008年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。