2009年12月アーカイブ

今日この日が素晴らしい一日なったことを,それをもたらせてくださったすべての人に感謝します・・・ ◎

どんなに困難に見えることでも,どんなに大変に見えることでも,正しく,また,真心をもって,歩むべき道を真っ直ぐに歩いていけば・・・ その先には必ず光があります・・・ ◎

がんばりましょう! そして・・・ がんばりましょう・・・ ◎

 

 

celebration1.jpg celebration2.jpg celebration3.jpg celebration4.jpg

Merry Christmas to You・・・ ◎

そういうわけで,昨年のちょっとした病のなかでのクリスマスとは,打って変わって・・・ 今年は爽やかなクリスマスをお祝いすることができることとなりました・・・ ◎

さて,そんな今年のクリスマス・ケーキはというと・・・ 久方ぶりに 多奈加亭のクリスマスケーキ を リクエストしてみることにしました☆

まろやかなミルクの風味に絶妙なシュガーのコンビネーション!(^O^)によるこのとても美味なデコレーションケーキ(笑) は, オーソドックスな生デコよりも多少多めに食することができる逸品ではないでしょうか・・・(爆)

いろいろなことが・・・ いろいろなところで・・・ 断続的に起こる日常ではありますが・・・ 久しぶりにこんなにも のどかで,平安で,豊かで,晴れやかな ☆メリー・クリスマス☆ は, 本当に久しぶりな気分です!!

お蔭さまで,ですからもう一度・・・ So Merry Christmas to You・・・ ◎

 

christmas day.jpg

近時,オフィスの中だけではなく出先においても,モバイルPCや携帯電話でのやり取りが普及し,小さい頃から慣れ親しんできたはずの 筆記する という行為の回数が極端に減少してきているように感じます・・・◎

しかし,パソコンが普及し,携帯電話が普及し,筆記具の出番は確かに減少してきてはいますが,時代が変遷し,記述の方法に大きな変化が生じても, 筆記する という行為はけっしてなくなることはないと思われます. 手紙をしたためる,または,なにかの際に紙面に署名するような少しフォーマルな場面に関わらず,ビジネスの活動中にメモをとる場合などには,やっぱり筆記具にメモ用紙という組み合わせが定番といえます・・・☆

 さて,そんな筆記具といえば,小さい頃から慣れ親しんだ鉛筆にシャープペンシル,それに万年筆・・・ と,いろいろなタイプのものがありますが,社会人になってからの期間をもっとも普通に,また,もっとも手軽に,そして,もっとも長く時間を伴にしてくれるのは,やはりボールペンではないかと思っています・・・☆彡

そして・・・ そのボールペンといえば,これまでにいくつかのメーカのものを使用したことがありましたが,私見では,最初にもっとも手に馴染まず(笑) ,そして,後になってもっとも手に馴染んでしまうのが MonblancMeisterstück でありました. 尚,実は少し面白いことに,ウェブ上を検索してみると,これと同じようなインプレッションをもっていらっしゃる方が結構多いということが分かるのですが,この製品の形状やバランス,それに使用されている樹脂の質感,そして,リフィールの出来栄えなどといった至るところにそれに関わる秘密があるような気がするのです・・・ ◎

Meisterstück とは ドイツ語で 傑作 という意味なのだそうですが,それに違わず,1924年に万年筆の Meisterstück が 世に出てから,あまり変更のないデザインにはそんな秘話もあるのかもしれません・・・☆彡

 写真は,上から Meisterstück の 定番 である ゴールドプレート, やはり,Montblanc = Meisterstück と いうならば,この 定番 の ゴールドプレート が もっとも Montblanc を 象徴しているのではないかと思います・・・ そして,幾つかの ゴールドプレート を 使用するなかで,この製品には名入れが相応しく,また,名入れによってバランスがとれる逸品ではないかと考えています・・・ ◎

真ん中は,過去このブログにも書いたことのある ステンレス の ソリテール ,名入れは素彫りがよく似合います・・・ ただし,樹脂の表面にステンレス仕上げがなされていて,実用すると微妙にグリップ感が甘く(笑) ,数年経た今でもペンさばきが容易ではありません・・・(^^) この製品は既に製造が終了していますが,廃番になる理由も分からないでもありません・・・☆

一番下は, プラチナプレート と 呼ばれる, Meisterstück の ラインナップの中では,比較的最近登場した番手です・・・ 実はこちらも何本か使用しているのですが,名入れをすると少しデザイン的なバランスが崩れるように思いました・・・ (^^; その理由は,名入れの仕上がりが(今の技術では当然のことなのですが)鏡面仕上げのシルバーにならないことに関係があるように思います・・・  プラチナプレート は 名入れをせずにそのまま経時変化を楽しんだ方が良いのかもしれません・・・☆ミ

尚,アメリカでは 大学卒業の記念には Montblanc が最良である といった話を聴いたことがありますが,こうしたことが囁かれるのも,あながちブランドのメリットだけによるものではないように思います・・・☆

そして,この Montblanc, 自分に合った製品を,或いは,自分の好みの製品を見つけるためにも・・・ やはり最初の一本目は・・・ ゴールドプレートの Meisterstück が もっとも良いのではないかとおもいます. もちろん・・・ 傍らには素敵な名入れを添えて・・・ ◎ 

 

Gold.jpg

 

 

Solitare.jpg

 

 

Platinum.jpg

 

このアーカイブについて

このページには、2009年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年11月です。

次のアーカイブは2010年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

OpenID対応しています OpenIDについて
Creative Commons License クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。

このアーカイブについて

このページには、2009年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年11月です。

次のアーカイブは2010年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。