2011年1月アーカイブ

今年の初詣がどの社になるのか、珍しく昨年の後半まで決まっていなっかたのですが、ふたを開けてみると、表題の通りに鎌倉鶴岡八幡宮ということになりました・・・ ☆彡

今年の天候も、例年同様に快晴となって、大変心地良い参拝を済ませることができたことに、こころより感謝している次第です・・・ ◎

本年は、天照太神の社と豊受大神の社、或いは、建速須佐之男命の社、若しくは、この鎌倉八幡の社 のいずれかに初詣に往くことになる予定だったのですが、八幡宮が、主神を応神天皇として、比売神(ひめがみ)仲哀天皇の妃である神功皇后を祀る社であり、比売神が天照大神と建速須佐之男命の誓約で誕生した宗像三女神であることに想いを馳せると、報賽も兼ねてやはりこれで良かったのではないかと想います・・・ ◎

お陰さまにて、例年の通りに澄み渡った青い空と、爽やかな気の中で、一年振りの初詣を滞りなく済ませることができました・・・ ☆彡

今年一年が良い歳となりますように、皆様のご多幸をお祈りしております・・・ ◎

 

tsurugaoka 2011.jpg sandou 2011.jpg

新年、明けましておめでとうございます・・・ ☆彡

この慶ばしい初春に当たり、新春の和歌を選んでみましたが・・・ 様々な事柄が降りしきる雪のように訪れる時代にあって、選択した二つの歌のどちらにしようか、と思いながら、作者に想いを馳せてこちらの歌にしてみました・・・ ◎

・君がため 春の野に出でて若菜つむ わが衣手に雪はふりつつ ・・・ 孝光天皇

舞い降りる雪の中、芹川野で春の七草を摘む仁和の帝、50歳を過ぎて帝位に着いたこの帝は、その生涯で、いつ頃この和歌を詠んだのでしょうか・・・ ☆彡

和歌のなかで、君と詠まれれば、凡そそれは時の天皇を指して用いられる言葉のようですが、孝光帝が詠んだこの歌のなかの君とは誰のことを指しているのでしょう・・・ 帝が親王の頃に吟じた歌だとしたら、先帝のことだともいえるのですけれど・・・ ◎

それでは、あらためまして、本年もどうぞよろしくお願いをいたします・・・ ◎

 

new year 2011.jpg new year 2011 u.jpg

このアーカイブについて

このページには、2011年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年12月です。

次のアーカイブは2011年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

OpenID対応しています OpenIDについて
Creative Commons License クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。

このアーカイブについて

このページには、2011年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年12月です。

次のアーカイブは2011年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。