The Compass of All・・・ ◎

Sandy Bridge
0

凡そ20年ほど使用していたSILVA社製のコンパスを、この度新しくExpedition 54にしました・・・ ◎

コンパスとは、即ち方位磁石ですが、もともとは(もちろん、現在でも使われていますが)羅針盤のことを指しているようです。 これはその名の通りなかなか便利なもので、そのセッティングにより、フィールドのなかで、目標に対して進むべき方向や現在居る位置、それに、向かった後に戻るべき方向、などを適切に示してくれます。

また、そういう意味において、このExpedition 54は、接眼部を通して目標と角度目盛りを同一直線状上に視認することができ、磁器コンパスとしては精度もかなり厳格に作り込まれていますので、安心して指針の役割を担って頂くことができます・・・ ◎

もし、コンパスがないと、例えば、自然環境の豊富な山野に赴くときはもちろんのこと、また、そのなかを枝を漕いで進まなければならないような場合などは特に、フィールドで遭難する危険性が極端に高くなり、生命を危険に晒すことになります。 これは、善い選択をしたい時に、或いは、善い選択をしなければならない時に、その選択をするための指針が存在していないことに由るものですが、善いコンパスが存在していると、このような危険を回避することができます。

また、そんなふうに思いますと、人間の一生における航海もこれによく似ていて、人は人生の場面場面で、心の中で最も善い選択をしたいと思う気持ちはあっても、人間はそもそも完全ではないので、その場面場面で最高の選択を実行することは不可能ということになります。 そういう意味では、何ごとにも努力すること姿勢は必要であっても、無理をすることのないように心掛けるべきであると思います。 それは、不可能なことに対して完全を求めようとした時に、心が疲労し、最初そうであった正の気持ちが知らず知らずのうちに負の気持ちに変わっていく場合も多いからです。 しかし・・・ それを考える時、何ごとに対しても、善き方向を示してくれるような心の指針が是非あったら善いと想っています・・・ ◎

 

expedition 54.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://iesus.jp/mt5110/mt-tb.cgi/90

コメントする

このブログ記事について

このページは、Sandy Bridge2011年6月19日 00:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「彼への餞別に・・・ ☆」です。

次のブログ記事は「Celebrated on July 7・・・ ◎」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

OpenID対応しています OpenIDについて
Creative Commons License クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。

このブログ記事について

このページは、Sandy Bridge2011年6月19日 00:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「彼への餞別に・・・ ☆」です。

次のブログ記事は「Celebrated on July 7・・・ ◎」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。