鰻への道のり・・・ ◎

Sandy Bridge
0

今年も土用丑の日を迎え、昨今忙しない日常のなかにあっても、時節の風物詩をほんの少しでも彩りたいと、また、実は、大切な知人にも「今日は土用ですね・・・」とのたまわってしまったこともあって(^-^) 、稚魚不良による高騰(笑)と金曜日の微妙な時間帯(爆)、という様々な厳しい条件も予測されましたが、想い貫徹の一念から将軍にも帰宅の挨拶を告げて、今年の鰻くんを調達すべく夜の帳にひとり繰り出すことにいたしました・・・ ◎

 

Sandy: 「将軍、恐縮ですが、今日はこれで失礼しますね」

将 軍: 「あれ・・・ 今日はお早いご帰宅ですね」

Sandy: 「えぇ、鰻を調達して帰ろうとおもいますので・・・」

将 軍: 「おぉ ・・・うなぎ、ですか・・・ (爆)」

 

と、まあ、グルメで知られる将軍は、その七福神(大黒天)のような面立ちに満面の笑みを湛えつつ、条件の厳しさが予測されるその鰻くん調達の任務に Sandy を 快く送り出してくださいました (合掌)

ところで、この時節の風物詩としての鰻くんを調達するミッションですが、ターゲットのお店を上手く選定することから始めなければなりません・・・ ☆ 普段よく訪れる日比谷の鰻のお店は、今年から Sandy の 帰宅のルート上にあるのですが、過日訪れた際にお店の人がお話してくださったところでは、食材の質を落とさないために、価格を大きく上げた上で使用する鰻くんの量を相対的に減らしているということでしたので、この時間帯に行列するには(笑)パフォーマンス上のリスクが高いと判断されたことから、今年の鰻くんは他のお店で検討することといたしました・・・ ◎

しかし、調達に与えられた時間も限られているなかで、最近はテレビなどの娯楽メディアを観る時間がほとんどないこともあって、その情報量の不足は否めないところなのですが、然し、風物詩という命題を蔑ろにするわけにはいきませんので、帰宅ルートと過去の情報量を、あまり善くない頭で検索して、導き出したのが下の写真にある可愛い鰻くんです・・・ ◎

 

IMG_0594.jpgIMG_0595.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、以前にもこのブログで綴った鰻屋さんの鰻くんですが、路地なかというお店の配置上、店内で食することを希望する人々の行列は凄まじいものですが、実はそんなお店の傍らでエキシビジョン的にひっそりと網焼きにされている香ばしい鰻くんたちの折り詰めになった姿は、行列の人々に遮られ、あまり目立ってはいませんでしたので、行列を整理しているお店お兄さんにお願いをして、そんな折り詰めを素早くお持ち頂くことができました・・・ ◎

もちろん、お店で食する焼きたてホヤホヤではありませんが、少し冷めても嫌味がなく美味しく頂くことのできた今年の鰻くんは、このミッションに何らかの形で関わってくださったすべての人に感謝できるほどの甘みのあるまろやかな善いお味ではありました・・・ ◎

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://iesus.jp/mt5110/mt-tb.cgi/109

コメントする

このブログ記事について

このページは、Sandy Bridge2012年7月28日 13:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「状況を楽しむ・・・ ◎」です。

次のブログ記事は「真夏の散策・・・ ◎」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

OpenID対応しています OpenIDについて
Creative Commons License クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。

このブログ記事について

このページは、Sandy Bridge2012年7月28日 13:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「状況を楽しむ・・・ ◎」です。

次のブログ記事は「真夏の散策・・・ ◎」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。