今年の夏季休暇・・・ ◎

Sandy Bridge
0

 夏季休暇を利用して、とある行事のために久方ぶりに電車に乗って紀伊半島まで足を向けました・・・◎

これまでの夏季休暇はというと、お盆休みの混雑を避けるため、8月の後半若しくは9月に取得するのというのがここ十年来の傾向でしたが、今回は行事の関係でお盆期間中での移動となりました・・・ ◎

今回の移動に際しては、実は様々なエピソードがあるのですが、それを見守ってくださった 仲良しちゃん には、ほんとうに感謝している次第です・・・ ◎

出発の当日は、東京駅の新幹線ターミナルは予想通りの混雑でしたが、さほど問題なく乗車することができました・・・着席していますと、隣の席にはお母さに連れられたおとなしそうな小学生の男の子がいらっしゃいました。  Sandy の 座る座席は二人掛けの席ですから、お母さんの方は立ったままで子供とお話をされていましたが、発車の直前になってそのお母さんが Sandy に 「この子をよろしくお願いしますね!」 と 話し掛けてまいりました・・・ ◎

一瞬で状況は呑み込めたものの、少しうれしかったのは、親類宅に赴く我が子を心配するお母さんと、発車の瞬間までガラスの窓越しに子供を見送るお母さんの表情が素敵だったことです・・・ ◎ 実は、この旅程の最初には、そのようなことがありました・・・ (^-^)

在来線に乗り換えてローカルターミナルの駅に到着した後、迎えの車に乗車して陸路を移動することとなりました。 自宅出発の時刻が午前中遅めだったことと、社内が混雑していたために昼食はお肉で有名な松阪市内で摂ることにしました。 遅い昼食となりましたが、写真にあるのが地元ではけっこう人気のある一升びんさんの本店です。 尚、写真のお肉の真ん中のふた切れはこの店ではいち押しのお肉なのだそうです。 また、写真の真ん中以外の四つはタンなのですが、確かに何れのお肉もイヤ味がなく甘い油ののったお肉で美味しく頂くことができました・・・ ◎

 

IMG_0701.jpgIMG_0704.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後は、到着まで時間があるようでしたので、 Sandy の 希望を聞いて頂き、山あいの温泉に立ち寄っていくことといたしました・・・ ◎ 別に寄り道しているわけではなく、今年の夏は暑いですからネ・・・(^^; 

 

IMG_0705.jpg

 

写真は、奥伊勢フォレストピアという温泉で、美肌効果があるとのことです・・・ ◎ 紀伊半島で美肌の温泉といえば、紀州徳川家の奥座敷とも言われる龍神温泉がもっとも有名だとおもいますが、ゆっくり浸かる派の Sandy には、この温泉の湯もなかなかのものでした・・・ (^-^) ところで、美肌効果はともかくとして、体調にも由るのでしょうが、こちらの湯はゆったりと入っていても、湯上り後に押し寄せる気だるさのような疲労感はありませんでしたので、旅の途中などで立ち寄るのにはけっこう善いかもしれません・・・ (^o^)/

 

さて、現地での行事が午後の早い時間に終了し、食事会の時刻までは少し余裕がありましたので、一日目は小さい頃にお世話になったとある公園で子どもの頃に見慣れた風景を切り取ってまいりました・・・ ◎

 

IMG_0718.jpg IMG_0721.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

海が近く、山が近い、そんな感じのする風景ですが、このような感じですと、午前中に川釣りをして午後からは海釣りも楽しめますね・・・ ◎

 

左上の写真の中央は、子どものころにみんなでムーミン島と呼んでいた島です・・・ ◎ 島全体が暖帯性の植物群落です、アオサギ、クロサギ、アマツバメなどの野鳥が多く生息しています。 これらの鳥類が、太平洋側に巣を作っているケースは非常に珍しく、日本でも最大のコロニーであるといわれています・・・☆ というのが、ご紹介サイトからの抜粋です・・・ ◎ 島全体が県の天然記念物ですから、現在はむやみに上陸してはいけないそうです・・・ (^-^)

 

IMG_0714.jpg

 

どうでしょう・・・ (^-^)/ ムーミン島に見えますでしょうか・・・ ◎

 

その後、少し足を延ばして最初の場所よりさらに山深い場所にありますおくとろ温泉に足を延ばしてまいりました・・・ ◎ こちらの温泉にたどり着いた時にはあいにくの降雨で、外観の写真がないのが残念ですが、雨の降る前にすぐ手前の景色の一部を切り取ることができました・・・ ◎

 

IMG_0723.jpg

 

このような場所をさらに進んだその奥にあるこの温泉は、宿泊施設やレストラン、散策のための遊歩道、運動場並みの大きなフィールドなどを備えた一大施設として存在しています・・・ ◎

こちらの温泉では受付にもパンフレットにも効能が記されていませんでしたので、フロントでお尋ねしたところ、肩凝りやリュウマチなどの疾患と、飲用で糖尿病にも効果があるということでした。 然し、実際に入浴してみますと、なんと透明なお湯がトロトロではありませんか・・・ ◎ アルカリ成分が強いのでしょうか・・・ 湯上り後もつるつるですべすべ・・・ でした (^-^)/

・・・ 肩凝りやリュウマチのみならず、お肌もつるつるすべすべとは・・・ おくとろ温泉・・・ 侮るべからず、です・・・ ◎ ここから一本道の(現在は行かれません)美肌の名湯である龍神温泉はナトリウム炭酸水素塩泉ですから泉質は異なるものの、この二つの温泉がまた酷道、じゃなかった、国道425号線で元通りに一本で繋がると善いですね・・・ ◎

 そして・・・ 二日目のすべての行事が滞りなく完了するのを見届けて、 Sandy帰路につくことになりましたが、今年の夏季休暇は、このようにとても楽しめた形ですべての旅程を完了することができました・・・ ◎

けれど・・・ その実、短いようでずいぶん長い時間に感じられた今回の旅程に際して、 Sandy が 上手くいくように支えてくださった方に・・・ もう一度感謝を込めて・・・ ありがとう(^-^)/ を 添えます・・・ ◎

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://iesus.jp/mt5110/mt-tb.cgi/111

コメントする

このブログ記事について

このページは、Sandy Bridge2012年8月16日 20:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「真夏の散策・・・ ◎」です。

次のブログ記事は「十五夜・・・・ ◎」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

OpenID対応しています OpenIDについて
Creative Commons License クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。

このブログ記事について

このページは、Sandy Bridge2012年8月16日 20:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「真夏の散策・・・ ◎」です。

次のブログ記事は「十五夜・・・・ ◎」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。