SE535LTD & Z1050R

Sandy Bridge
0

 カジュアルに音楽を楽しむためのツールとして、今ではスマホを含めたプレイヤーの存在は、ひと昔前に比較すると大変身近なものになった感がありますが、自身では、初めてのプレイヤーとしてCOWONG3をチョイスして以来、楽曲の音色はナチュラルな音色を嗜好する傾向にあるようです。

楽曲の音色の好みは嗜好性に基づく最たるもののひとつだと想いますが、自身では、所謂モニター的な音色を好む感のある嗜好性に基づいて、プレイヤーとイヤホンの組み合わせを選択するようにしています。 プレイヤーは、ここ約10年間で3台ほど使用していますが、買い替えはいずれも製品寿命が尽きた時に限ったもので、現在のプレイヤーはSONYZ1050Rを使用しています。 一方で、イヤホンは、A8EXQ1USTE931ER4BEX90SLEX700SLEX1000SE535LTD と、変遷してきたのですが、このうち、A8、ER4B、EX1000、SE535LTDはモニタリングイヤホンとして優秀だと感じています。 なかでも、 SE535LTD & Z1050R の組み合わせは、自身の嗜好性には完全に近い形で合致した秀逸さで、大変心地良い音色を奏でてくれます。

最初に記したように、曲の音色の好みは嗜好性に基づく最たるもののひとつだと想いますから、自身が善いと感じるものが、ほかの誰かに善いとは限らないのですが、それを踏まえた上で、カジュアルに音楽を楽しむためのツールとしては、敢えて最良の組み合わせではないかと想っています... ◎ 

何事であっても、組み合わせというものは... このようでありたいと願っています... ◎

 

SE535LTD&Z1050R.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://iesus.jp/mt5110/mt-tb.cgi/119

コメントする

このブログ記事について

このページは、Sandy Bridge2013年2月23日 06:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ようやく完成... ◎」です。

次のブログ記事は「楽しい休日に... ◎」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

OpenID対応しています OpenIDについて
Creative Commons License クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。

このブログ記事について

このページは、Sandy Bridge2013年2月23日 06:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ようやく完成... ◎」です。

次のブログ記事は「楽しい休日に... ◎」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。