Audio Earphone・・・◎

Sandy Bridge
0

最近は、音楽はおろかブログも滅多に綴ることがないため、折角の機会にコスパがよいと思われるAudio Earphonesを並べてみました・・・◎

No.1は、個人的にはMTI社のNX01A・・・ ダイナミック型のなかでは、ずば抜けて全域がクリアで、極めて音色の抜けもよい逸品です(大好きなピアノはもとより、ベースまでも)

高音域はピークが高く、刺さらずにどこまでも鮮やかに鳴らし、かといって低音域も十分な音圧でクリアにしっかり鳴らしてくれます。低音域から高音域まで全体の音圧が十分な分、ボーカルは少し後方に下がるのですが、これを非常にクリアに聴かせてくれる割りには生々しさも表現してくれます(音創りのバランスという点で大変秀逸)

それに・・・ なによりも音場が広くて且つピュアな音色です・・・◎

No.2は、この間綴った、KYOWA HARMONET社のZH-DX220-CM・・・★ ひとつ前のブログ記事の通り、個人的には低価格帯の商品では断トツのコスパだと思います・・・★

No.3は、SHURE社のSE535LTD、このクラスはほとんど個人の好みで評価が決まるところですが、どこまでもモニターライクなピュアな音色を聞き続けたいけれど、純粋なモニター系よりも嫌みのないキラっとした味付けは必要だと思う人には評価がグっと高まる逸品だと思います・・・☆

現在の私はNX01A-SBにご執心です・・・◎



Audio Earphones.JPG




IMG_2559.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://iesus.jp/mt5110/mt-tb.cgi/143

コメントする

このブログ記事について

このページは、Sandy Bridge2017年7月22日 02:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「時は流れて・・・★」です。

次のブログ記事は「Hamilton H694190 Black Dial の 時計バンド」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

OpenID対応しています OpenIDについて
Creative Commons License クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。

このブログ記事について

このページは、Sandy Bridge2017年7月22日 02:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「時は流れて・・・★」です。

次のブログ記事は「Hamilton H694190 Black Dial の 時計バンド」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。